とがわ動物病院の紹介

2018年9月21日 とがわ動物病院が移転しました。

※22日より移転先での診療を開始しております。

エキゾチック動物の診療体制を充実させてゆきます。

月1回 鳥に関してのセミナー、うさぎに関してのセミナー
(他の動物エキゾに関しては、うさぎのセミナーの間に入れたいと考えてます)

一方的ではなく、皆様方のお知恵も将来の飼育に関して参考にしたいセミナーにしたいと考えております。詳細につきましては、近日中に告知いたします。

移転先:〒329-1102 宇都宮市白沢町594-38

外観

獣医師募集!

エキゾチックの診療希望の獣医師を募集しています。メール、電話で📞お問い合わせ下さい。

動物看護師募集!

平日1時から4時まで、土曜日1日、休日出勤可能な看護師さんを募集しています。

ワンちゃん猫ちゃんの診療
当院では従来とおり、犬猫の診療をしております。

予防:フィラリア予防、ノミ・ダニなど外部寄生虫予防、歯石予防、ワクチン接種、避妊去勢出など
外科:骨折・脱臼・亜脱臼、腹部臓器の疾患など各種外科処置を行っております。
皮膚科:皮膚疾患は、当院では原因治療を優先しますので、院内で細菌・真菌の感受性試験を行います。
歯科:歯石予防は、特にチカラを入れています。
東洋医療:漢方薬治療、鍼灸治療を行っています。 
しつけ:個別にご相談に応じております。 
定期健診:人間と同じように1年に1~2回の定期健診をお勧めします。

犬・猫の写真

院長:騰川 和彦

院長:騰川 和彦

ROB会
同大学出身にて構成。症例検討や協力して手術、
情報を共有可能にします。

ROB会

昭和44年 酪農学園大学 酪農学部 獣医学科卒

旧バイオ製薬株式会社 鶏のワクチンの検定・開発、製造に従事。
鶏伝染性脳炎ウイルス(AE)、ニューカッスル病(ND)、伝染性喉頭気管支炎ウイルス(IB)、ガンボロ病IBD)、伝染性関節炎ウイルス(ILT)、マレック病(MD)、鶏痘ウイルス(IPV)、マイコプラズマワクチン、鶏アデノウイルス、等の鶏のウイルスに関与。

その後、JACAにて鶏のウイルス専門家として短期間マレーシアAPDRTCにて、主にIBVについて、指導。

その後、現共立製薬 つくば研究所にて、オーエスキーワクチンの、国産化、鶏ロイコチトゾーンのワクチンの開発に従事。

その後、旧家畜衛生試験場 生物物理研究室で2年間トランスジェニックマウスの実験の研修。その間、牛のヨーネ病診断キット、豚伝染性萎縮炎ウイルスの研究・開発にも関与。実験の間、PDFDのモノクローナル抗体の作成にも関与。実験動物各種扱い、そのような臨床医学が発達していなかったので、退社し現在にいたる。

まだ、発展途上です。

※バイオ製薬:鶏に関する総合会社、株式会社ゲン・コーポレーション傘下のバイオ製薬事業部(鶏ワクチン製造・検定・開発部門)
現在はワクチノーバ株式会社 栃木ラボラトリー(元ドイツ)買収され社名変更。
ワクチノーバは、ゲンからワクチン部門を、買収しました。

その他 パートスタッフ:2名

とがわどうぶつ病院 診療中

外観

受付・待合室

第1診察室

手術室

入院室

多目的室

レントゲン室

調剤室

電話
028-671-1515
住所
栃木県宇都宮市白沢町594-38
休診日
第2、第4日曜日
尚、 診療カレンダーで確認して下さい。
セミナー等で休診になることがあります。
よろしくお願い申し上げます。
平日 午前 9:00 – 12:00
   午後 16:00 – 19:00
土日 予約診療      
   9:00~18:30
※日曜・祝日はエキゾチックのみの予約診療
診療カレンダー
受付 午前 11:30まで、午後6:30まで
ご来院の際は、緊急手術等ありますので、お電話下さい。
午後2時から4時の間は、鍼灸治療のみ予約診療になります。

地図
(Googleマップで見る)

facebook