鳥の痛風

鳥の痛風(Gout)


痛風とは、体内の尿酸が主に関節に沈着し関節炎を起こす病気です。風が当たるなどの刺激でも激痛が起こることから名づけられました。

原因 :一般に体内に蓄積された尿酸が関節に蓄積されることに起因すると考えられている関節痛風と筋肉を冒す内臓痛風があり、腎臓疾患との因果関係も考えられています。外因性の原因としては、食生活と言われていますが猛禽類みたいに肉食系だと尿酸の原料になるプリン体多く含まれており尿酸値が高くなること、またその引き金となる何らかの体内因子のより発症の原因となります。また、肥満、外傷、脱水、過度の運動などが関係してきます。セキセイなどの種子食主体の鳥とは無縁だと思破れますが何かが要因の一部になっていると推測されます。内因性の原因としては、横紋筋の融解、悪性腫瘍も考えられます。また、鳥類では、尿管閉塞性の疾患、脱水、腎尿細管疾患、ウイルス、細菌感染、腎疾患、遺伝、たんぱく過剰疾患カルシウムの過剰投与、しょっぱい物の慢性的な摂取、ビタミン類の過不足、ミネラルの過不足等の原因も報告されています。

症状:上記写真に認められる様な関節の結節。それに伴う破行、関節浮腫、歩行困難、活動量低下、疼痛(痛み)、飛ばなくなる。多飲、多尿も認められます。
内臓痛風の症状は、突然死です

治療:アロプリノール、コルヒチン、低タンパク食です。ビタミン等使うことも有ります。腎毒性のない様な治療法を取り、飼育環境の見直し、など多岐に渡ります。
定期的な、血液検査などは早期発見の有用な手段になると思います。