とがわ動物病院

所在地
〒329-1102
栃木県宇都宮市白沢町594-38

028-671-1515

休診日
第2、第4日曜日
診療カレンダーでご確認ください。
セミナー等で休診になることが
あります。

診察時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
土日 予約診療  
   9:00~18:30
※日曜・祝日はエキゾチックのみ
の予約診療
平日は予約ではありません。



猫
→ とがわ動物病院サイト

小鳥 Birds 小鳥のお腹が腫れる(腹部膨満)

腹部特に下のお腹が膨れてくる病気があります。特にセキセイインコの雌に多発します。セキセイインコの雌は、一年中良い環境では、エストロジェンという卵胞ホルモンを出して発情、産卵を繰返します。結果、子宮関連の疾患が多く見られます。雄は精巣腫瘍がおおいです。その他の腫瘍関連の病気あります。異常卵が子宮内に停滞したり、腹部にいろいろな色調の液が溜まったり、卵巣系の腫瘍だったりし腹部がポッコリ膨らんできます。これは、危ないサインです。

小鳥のお腹が腫れる

卵詰まりも、セキセイインコ、ボタンインコで見られ稀にオカメインコなどでも認められます。
腹部膨満で卵殻形成のある場合や腹水が溜まっている場合は、レントゲンで確認されます。正常で卵胞がある場合、異常でお腹が膨らんでいる場合は、超音波検査で診断ですね。また、上記のレントゲン写真のように大腿骨、上腕骨にメスの生殖器疾患はカルシウムの沈着が認められます。血液検査では、カルシウムの上昇が認められます。細菌に感染している場合もあります。血液検査及び細菌培養そして抗生物質感受性検査で感染の有無を確かめます。院内検査でわかりますので、時間は1~3日程度です。

■治療

検査しながら、投薬治療になるかもしれません。
手術をお勧めするかもしれません。その場合は、腹部膨満のために、副気の腹気嚢が圧迫されるために、ICUで酸素化し手術になります。
上記、手術しない方向。OPEをする方向。二つの治療のを書きましたが、状態を検査で把握した上で、お話し合って治療方針を決めて行きます。

手術は、腹部膨満のマイクロサージャリーになります。
近年、腹部膨大にて御来院なさる飼い主さんが増えております。
原因はいろいろありますが、早期に検査を実施し卵巣摘出が、最も良い方法の一つだと考えるようになりました。
手術には、経験が必要不可欠となると思います。手術の成功の技量は私に課せられた運命だと思っています。
術中に死亡するリスクを如何に軽減させてあげるか?
術前に検査する必要があります。
現在当院では、オペ中の死亡例は、減少しておりますが、依然犬猫のように簡単には行きません。しかし、経験を積めば積むほどそのリスクを軽減させてあげることができると思っております。
♂の精巣腫瘍も腹部膨大致します。こちらは、手技はメスより難易度は高いです。癒着の度合いは、回復してみないとわかりません。

■原因

人に飼育されると、一年中満たされた食事、最近の飼育本なんかは、冬は寒いから、ヒーターを入れて、温度管理をしてください。等の飼育方が書いてあります。そのような環境では一年中発情をします。
それにより、繁殖障害が発生します。休みなく発情するため女性ホルモンの分泌過剰になります。脂質の多い餌(シード)を与えていると、発生率は高くなります。これからは、シードからペレットのフードに変えてあげることをお勧めいたします。
栄養が、十分であれば何時でも繁殖行動に結びつきます。その他諸々ありますが一緒に考えていきましょう。

トップへ戻る▲
ホームエキゾチックアニマルとは?小鳥カメは虫類うさぎげっ歯類その他犬 猫とがわ動物病院サイト
とがわ動物病院 〒329-1102 栃木県宇都宮市白沢町594-38 電話:028-671-1515
Copyright (c) とがわ動物病院(宇都宮・動物病院) All Rights Reserved.